アスベスト無害化処理システム

アスベスト問題は、石綿(アスベスト)による塵肺、肺線維症、肺癌、悪性中皮腫(ちゅうひしゅ)などの人体への健康被害問題のことを指します。

アスベストは、耐熱性、絶縁性、保温性に優れ、断熱材、絶縁材、ブレーキライニング材などに古くから用いられ、「奇跡の鉱物」と重宝されてきたが、高濃度長期間暴露による健康被害リスクが明らかになったことで、アスベスト含有製品の生産や建設作業(アスベストの吹きつけ)に携わっていた従事作業者の健康被害が問題となりました。

アスベスト製品がほぼ全廃された現在においても、吹きつけアスベスト、アスベストを含む断熱材などが用いられた建設物から、解体時にアスベストが飛散することについて問題視されており、弊社では2つの方法でそのアスベスト除去のソリューションを行なっています。

方法①

アスベストを含む特定建設材料の除去で吹付材は掻き落とし作業が行われています。
事前準備として工事計画や要領書作成を行い、除去作業実施の表示をします。アスベスト除去工事で一番大事なのが隔離養生です。アスベストが外部に飛散しないように除去物件をすべて覆います。
また、集塵機や排気装置の設置、粉塵飛散抑制装置を行います。工事の規模によっては、セキュリテーゾーンを確保して、人体に付いているアスベスト粉塵を綺麗に洗い落とす為のシャワーの設置も行います。解体を目的としている建物のアスベスト除去の場合は無害化溶液を直接アスベストに散布し除去します。
この時、アスベストは液体に代わります。集塵機等で集められたアスベストも無害化溶液によって処理作業を行います。

方法②

従来ではアスベスト建設材料は国が指定した埋設処理施設において埋設するか、テトラポットやケーソンを製造時にコンクリートを混ぜ固める方法しかありませんでした。特定建設材料の吹付材以外の代表的なもとしてスレート瓦やボードがあります。これらは割ったり、削ったりしない限りはアスベストの飛散はありません。
これらのアスベスト建設材料は弊社が開発した移動式プラントやプラント工場にて無害化処理を行います。撹拌機にアスベスト建設材料を入れ小さく破砕します。次に無害化溶液を投入し撹拌を行う事により無害化します。