VRの観光への活用ご提案

VR活用でのメリット

  • 臨場感・没入間

    ヘッドマウントディスプレイ(HDM)を利用することにより、その場にいるような疑似体験ができ、現地に行く前にその場の雰囲気を味わえる。

  • 印象的・感動的

    ユーザーに今までに無い新鮮で感動的な体験を行ってもらい。一般的なコンテンツに比べ、より記憶に残こる。

  • 欲求の刺激

    より多くの魅力を伝えることにより、実際に現地を訪れたい、もっと詳しく知りたい等の、戦時的欲求を増幅させる。

  • 話題性

    昨今ではVRが注目されており、他メディアにも多く取り上げられる場合が多く、相乗的なPR効果が期待できる。

  • 知識の文化の共有

    保存が難しい文化財などの、普段一般には公開されていない場所などを撮影する事により、知識・文化を広く共有することが可能。

  • 教育・福祉への貢献

    時間や身体的な問題を理由に現地に行くとこができない人々に、VRを利用し、バリアフリーなVR観光を提供する事が可能。

通常の写真では複数枚使用しても全体の雰囲気を感じることは難しい。

・VR画像では一つながりの全天球型の画像を、ユーザーが操作することで、継ぎ目なく任意の箇所を表示することが可能。

 

・下画像は上画像の赤枠部分をVR用ビューアで表示した例。
PC上で上下、左右、拡大、縮小操作が可能。

観光におけるVR活用パターン

360度カメラを使用し、その場の空間すべてを撮影する

観光名所、街中、歴史文化財などを動画として撮影。

・その場にいるような感覚を与える。
・ナレーションを付け、見どころを紹介。
・ナレーション無しで、自然の美しさや、その場にしかない雰囲気を強調。
・観光の見どころや注意点など多くの情報を取り入れることが可能。
・普段、一般人が入れない場所も詳しく紹介することが可能。

観光名所や施設を、高画質な写真で紹介。

・高画質な360度写真でユーザーの見たい箇所を詳細に写す。
・動画に比べ高画質な画像を表示可能。
・操作、見る順番などは、ほぼユーザーに任せられる。
・一つの観光地/施設をじっくりと見たいユーザー向き。
・すでにその場に興味の有るユーザー向き。

空中からの360度映像でより強い印象を与える。

・普段は見ることのできない、空からの視点での撮影。
・空から360度見渡せる、鳥になったような体験。
・空中からの撮影で俯瞰的なイメージを伝える。
・美しい自然などを見せる事によって観光地のイメージアップに
・高品質のものはYouTubeなどで話題になりやすく、観光地の知名度アップへつながる。