リノベーゼ

暮らしと生活の再生を

FLYERS Promotionでは、深刻な空家問題を解決するため、単純なリフォームのみでは無く、管理、活用方法、財務、広報など包括的な空家リノベーションをプロデュースいたします。

空家問題とは

平成25年の総務省統計局のデータによると、全国の空家件数は820万戸、空家率は13.5%となっており、5年前の調査に比べ、63万戸の上昇となっており、この数は増加の一途をたどっている。
増加の最も大きな原因として、新設住宅戸数の数が、不要となった住宅の数を大きく上回っていることが挙げられます。
不要な住宅は解体しようにも、解体の費用や、解体後の固定資産税の増加等、解体処分する事によってのデメリットが多く発生してしまい、手つかずのまま放置されるしかない空家が多く存在しています。
賃貸などに出そうにも、中古の物件の人気は低く、貸すことも、売ることもできない物件が増えてきています。
また、空家の増加は倒壊の危険性や景観上の問題は当然ながら、治安の悪化や、火災リスクの増えてしまいます。
解体以外の空家の利用方法として、物件の価値を上げるためにリフォームをし、売却や賃貸に出す方法もありますが、これも所有者に大きな負担となるばかりでなく、契約が行われるかの確証もありません。

住宅として活用

多様化が進む現在では、オリジナリティーを求める人も多くいます。真新しい画一的な物件ではなく、時が作り上げた趣を物件に求める人も少なくはありません。しかし利用価値のないと思われている空家は、不動産情報に出ることも少なく、人知れず埋もれてしまっているのが現状です。我々はオーナー様とお客様をつなぐ架け橋となります。

民泊として活用

近年需要が増えている民泊用のリノベーション、間取りや、水回りなどすべてをつプロの目線から設計。オーナーご自身での管理はもちろんのこと、ご希望に合わせて専門業者の選出も行います。その他許可の申請や管理/運営のアドバイスも行います。

事業用店舗として活用

小規模なオフィス、隠れ家的なカフェなどの店舗など、立地条件に合わせた、最適な活用方法を見いだし、お客様をご紹介いたします。

リノベーションの意味

空家の再生は、単なる建物の改修ではありません。空家を改修する事により、治安の向上や火災のリスクを低減するとともに、その地域全体で空家再生に取り組むことによって、地域コミュニティー全体の再生につながります。

コワーキングスペース/SOHO/民泊

地域に新しいビジネスの場を作り出すことで、新しい産業を呼び込み、地域コミュニティーの再生を行います。

学生の学びの場/アーティストの活動拠点

地域に創造の場を設け、若い世代を呼び、情報発信を行うことで、活気のある町にさせます。

地域のコミュニティーの場として

単なる集会所ではなく、カフェなどの人が集まる場を作り、外からの人だけでなく、地元の交流を深め、地域再生のきっかけの場を作り出します。